医院ブログ|「LALAガーデンつくば(土日も診療)」内の歯医者・歯科「デンタルオフィスゴリ」|つくば市

大規模駐車場・0120-70-8846

休診日

  • メール相談
  • web予約

〒305-0034
茨城県つくば市小野崎字千駄苅278-1LALAガーデンつくば1F

キービジュアル

PMTC 〜お口豆知識

2019年03月13日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

今日あたりもいいお天気でお出かけしたくなりますね。ただ花粉の量も多いようですので対策はしっかりなさってください。

 

さて、皆さんはPMTCという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

PMTCというのは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。

簡単に言うと、「歯科医師や歯科衛生士による、専用の機器を使った歯のお掃除」という意味です。

専門的なクリーニングですので、歯ブラシではとれない汚れまで、しっかりと落とすことができ、何よりとても気持ちの良い施術です。

なお、歯石をきれいに取り除いた後に行います(PMTCでは歯石は取れません)

 

PMTCの特徴としては、こんなものがあります。

・歯がピカピカ

目立つ汚れや、ざらざらが取れて、歯がピカピカになります。

・スッキリ気持ちいい

歯磨きではとれない表面についた強固なヌメヌメ(バイオフィルム)がとれるから、スッキリ壮観、施術中も気持ちいい!

・むし歯・歯周病予防

もちろん、普段の歯磨きではとれにくい隅々のプラーク(歯垢)がしっかり取れるので予防効果も抜群です

 

PMTCの基本的な流れは、

1.まずはプラークの付着状態をチェック

はじめに、プラーク(歯垢)に反応する染め出し液を歯に塗り、お口の中の磨き残しなど、汚れている部分を確認します。

歯磨きのアドバイスを受けながらというのも多いパターンです。

2.機械を使ってしっかり清掃

機械といっても痛みはほとんどありません。むしろ気持ちいいのがPMTCの特徴。チップ、ブラシ、カップなど様々な器具を使って歯面を丁寧にクリーニングしていきます。

3.仕上げにフッ素

しっかりとプラークを取り除いたら、仕上げに歯を丈夫にし予防効果の高いフッ素を塗って終了です。

となりますが、患者様のお口の中の状態によっては違うこともあります。

 

ご自分の歯磨きだけではプラーク(歯垢)を完全に落とすことはできません。

定期的に歯科医院で専門的な歯の清掃をしてもらいましょう。

ページを見る

口呼吸 〜お口豆知識

2019年03月6日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

さて、本日は、口呼吸についてです。

人は「鼻から吸って」「鼻から吐く」のが普通ですが、無意識のうちに「口で呼吸している方がいらっしゃいます。

これを「口呼吸」と言ってある調査では小学生以下の80%以上が「口呼吸」とも言われています。

「鼻でも口でも同じじゃないの?」と思われる方も多いですが、実は大きな違いがあるようです。

 

①口呼吸はむし歯・歯周病になりやすい

むし歯や歯周病の原因は「細菌」です。実は、お口の中の細菌は、だ液の作用により活動が抑えられています。これが「口呼吸」になってしまうと、口が渇いてしまい、だ液が出にくくなる、つまり、むし歯や歯周病になりやすいというわけです。

 

②睡眠時無呼吸症候群の原因になる

睡眠時にも「口呼吸」をしていると、舌の位置がのどの方に下がりやすくなります。すると舌が気管をふさいでしまい、空気が入らなくなって睡眠時無呼吸症候群になりう恐れがあります。

 

③口呼吸は病気になりやすい

鼻呼吸の最大の利点は鼻毛。繊毛によりウイルス、細菌が体内に入るのを防いでくれること。口呼吸をしていると、こうした病気の原因となる物質が肺に入るのを防ぐことができず、様々な病気になりやすいと言われています。

 

④口呼吸は口臭の原因になる

「口臭」は食べ物などが原因の場合もありますが、多くの場合はお口のなかにいる「細菌」によるものです。

口呼吸になるとだ液が減って細菌が増えてしまいますから当然口臭の原因にもなるというわけです。

 

口呼吸の対処法としては、

①1日数時間、紙をくわえる

紙を口にくわえることで、口が閉じ矯正的に鼻呼吸になります。日中の起きている時間で、1日数回、1回1時間ほど。これを数週間続けると効果が現れます。

②仰向け寝・鼻孔拡大装置を使う

睡眠時などは、まず鼻呼吸しやすいように、仰向けで寝るようにします。また、寝る前に鼻を洗浄したり、鼻の穴を拡大する装置などをつける方法も有効です。

 

自分で気づいていればこれらの対処法で改善できるかもしれませんね。

口呼吸のリスクを知って鼻呼吸を意識していきましょう。

ページを見る

歯ブラシの選び方 〜お口豆知識

2019年02月27日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

 

春の訪れは三寒四温なんて言ったりしますね。この何日かは暖かく我が家の庭の梅の木も花を開き始めました。

さて、本日は、「歯ブラシの選び方」についてお話します。

 

歯ブラシは毛先がかたいほどプラーク(歯垢)が落ちやすくなります。

しかし、あまりに硬すぎると歯と歯の間に入りにくかったり、歯や歯茎を痛めてしまいます。

基本的には普通の硬さを選ぶのがいいです。

また、歯肉が腫れている場合は刺激を与えないようにやわらかめの歯ブラシがおすすめです

 

適切なかたさでも、しっかり歯に当たらないのでは、意味がありません。

小さなお口に大きな歯ブラシでは隅々まで磨くことはできません。

反対に、大きなお口に小さな歯ブラシでは時間がかかり磨き残しの恐れもあります。

サイズも自分に合ったものを選びましょう。

 

主に使用する歯ブラシが決まったら、さらにしっかりと磨けるようにさまざまな歯磨きツールを使ってみましょう。

例えば、歯の隅々を磨く小さな歯ブラシ、歯と歯の隙間を磨く歯間ブラシ・フロスなど、磨きにくいところ専用の道具があります。

自分に合った道具を選んで使いましょう。

 

どんなに長くても3ヶ月に1回、できれば1ヶ月がベスト、というのは歯ブラシの使用期間です。

歯ブラシはだんだん弾力性がなくなりプラークが落とせなくなってきます。

さらには、ナイロンが劣化して歯ブラシに最近が付着しやすくなり、とても不衛生です。

また、1ヶ月で大きく毛先が開いてしまうようであれば、それは力の入れすぎなので要注意です。

 

歯ブラシ選びのポイントはいろいろあります。

「この歯ブラシは自分に合ってるのかな?」そんな時は歯ブラシ選びのお手伝いをいたしますので、ぜひご相談くださいね。

ページを見る

スノーボード合宿

2019年02月20日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

昨日は暦では雨水。久々にまとまった雨降りの1日でした。

昔からこの日に雛飾りをすると良縁に恵まれる、なんてよく言われているようです。なんだか素敵なことですよね。

 

さて、日曜日からの3日間でスノボ合宿に行ってまいりました。

毎年恒例ですが、今回も最高に楽しい合宿でした。

スノーボード自体初めてのスタッフもおり心配でしたが楽しんで滑っていたようでほっと一安心です。

診療も遊びも全力で行うのがゴリ歯科のモットーです。

全力でやったことでまた違った楽しさが見えてきます。

また、今回も自分たちで食事を作って、片付けして、等々いろいろな役割の中で協力しあってできたことも思い出になりますね。

普段の診療では見られない意外な気遣い、優しさ、笑顔、お互いいろんな発見もありました。

共通の思い出が多いほどにスタッフ同士のコミュニケーションもとりやすくなっていくのかもしれませんね。

 

まだまだ寒い時が続きます。くれぐれもご自愛くださいませ。

ページを見る

休診日のお知らせ

2019年02月17日

平成31年2月19日(火)はララガーデン全館休館日のため休診とさせていただきます。

 

平成31年2月18日(月) 休診日

平成31年2月19日(火) 全館休館日のため休診

平成31年2月20日(水) 通常診療

 

皆様にはご不便お掛けいたしますが予めご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリ

ページを見る

休診日のお知らせ

2019年02月13日

本日2月13日(水)は研修のため休診日とさぜていただきます。

皆様にはご不便おかけしますがあらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリ

ページを見る

歯周病と骨吸収 〜お口豆知識〜

2019年02月6日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

雨模様の1日となりました。この土曜日は関東地方も広い範囲で雪の予報が出ているようです。

さて、本日は歯周病と歯槽骨についてです。

歯は「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨で支えられています。

この「歯槽骨」がさまざまな理由で溶けてしまうことがあり、放っておくといずれ歯が抜けてしまうことになります。

このように「歯槽骨」が溶けることを「骨吸収」といいます。

その代表的な原因が「歯周病」です。

 

みなさんもよくご存知のプラーク(歯垢)。これはただの食べかすではなく、上の画像のような最近の塊です。

わずか1ミリグラム(1グラムの1000分の1)のプラークには、10億もの細菌がいるといわれています。

実は、この細菌こそが歯周病の原因であり、自覚症状がないまま少しずつ歯槽骨を溶かしていきます。

歯槽骨が溶けてくると、周りの歯肉もだんだん減っていきます。

するとまるで歯が伸びたように見えてしまいます。

 

 

歯周病が進行してしまい骨が溶けてしまうと、元にもどることはありません。

進行を食い止めるため、そして歯周病予防のためには、歯磨きでプラーク(歯垢)をしっかり取り除き、さらに細菌の住みかである「歯石」をしっかり取り除くことが重要です。

 

歯周病についてなにかわからないことがあればクリニックスタッフまでお気軽にお声かけてください。

ページを見る

抜歯する際の注意って? 〜お口豆知識〜

2019年01月30日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

まだまだ寒い日が続きますが、立春を前に梅が咲き始めたそうですね。

春が待ち遠しいですね。

 

さて、本日は抜歯する際の注意点についてです。

親知らずを抜いたり、他の原因で歯を抜かざるを得ないこともあるかと思います。

いくつか注意点をまとめてみますので参考にしてみてくださいね。

 

「他の病院にかかっている時」

歯科以外の病院にかかっている場合は、抜歯の前に限らず、必ずお伝えしてください。他の医院でているお薬の種類によっては、その影響で血が固まりにくいなどの場合があります。

また、糖尿病、肝臓病などの場合、各医院での連携が必要な場合もあります。

※他の病院に通院していることを必ずお知らせください

 

「抜歯の前の日」

とにかくリラックスして体調を整えておくことです!また、寝不足にならないように注意しましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、リラックスできてさらに寝つきも良くなります。

もちろん、深酒は厳禁です!

※体調を整えてご来院ください

 

「抜歯の直前」

抜歯後しばらく食事ができないので、抜歯の4時間ぐらい前までにある程度の食事をしておくとよいでしょう。あとはリラックスするのみです!不安があれば遠慮なく気兼ねせずにクリニックスタッフに声をかけてくださいね。

※スタッフにお気軽にお声をかけてください

 

「抜歯後の注意」

抜歯後はしばらくガーゼを噛んで血が固まるのを待ちましょう。

また、固まった血は(血餅といいます)抜歯したところを感染から守ってくれる役割も果たしますので、流れてしまわないよううがいはできるだけ控えましょう。

また、抜歯当日は安静に。激しい運動、飲酒、喫煙、刺激性のある食べ物の摂取は控えましょう。

 

「抜歯後の腫れ」

抜歯後は腫れが続く場合がありますが、2、3日後がピークで少しずつおさまっていくケースがほとんどです。

あまりにも腫れや痛みがひどい場合は気兼ねなくクリニックスタッフに相談してください。

※数日は腫れが続くことがあります。

抜歯後はしばらく穴が空いて舌で触ると気になるものですが、しばらくすると歯ぐきの肉が塞がって気にならなくなります。

抜歯当日は歯ブラシでごしごしこすると出血してしまうこともあります。当日はやさしく歯ブラシ当てるようにしましょう。

ページを見る

休診日のお知らせ

2019年01月24日

平成31年1月24日(木)は研修のため休診とさせていただきます。

ご不便をおかけしますがご了承のほどよろしくお願い致します。

 

 

ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリ

ページを見る

神経のない歯について 〜お口豆知識〜

2019年01月23日

つくば市からこんにちは、ホワイトエッセンス デンタルオフィスゴリのはまです。

昨年の今頃は大雪が降ってましたが、今年は今のところまだ雪になる様子がないですね。

降らないのはいいのですが空気が乾燥した日が続いています。体調管理しっかりしていきたいですね。

 

さて、本日は神経のない歯についてです。

歯の内部には、「歯髄」と呼ばれる、いわゆる神経組織があります。この歯髄はただ痛みを伝える神経だけでなく、無数のもう毛細血管が存在し歯に栄養分や酸素をおくっています。むし歯の進行などによりこの「歯髄」が細菌におかされると、取り除かなければならなくなります。

こうして「歯髄」を失ってしまった歯を「失活歯(しっかつし)」といいます。(反対に「歯髄」のある歯は「生活歯」といいます。)

神経の無い歯にはこんなデメリットが考えられます。

デメリット1「歯がもろくなる」

歯の神経(歯髄)は栄養分や水分、酸素を運んでいます。つまり、神経をとってしまうということは、歯に栄養分が送られなくなることを意味し、その結果、歯が弱くなってしまうのです。歯は食事のたびに常に力がかかっています。そのため神経を取ってしまいもろくなった歯は、どうしてもヒビが入ったり、割れたり折れたりする可能性が高くなってしまうのです。

デメリット2「むし歯に気づかなくなる」

神経をとったからといって、むし歯にならないわけではありません。むしろ、痛みを感じなくなるので、むし歯になっても気付きにくく、知らないうちに大きなむし歯となり、最悪の場合歯を抜かなくてはならなくなります。

デメリット3「歯が変色する」

歯の神経をとってしまうと、歯髄のまわりにある象牙質に血液が送られなくなるので、象牙質が変質し色が変わってしまいます。このため、歯の色も変色してしまうのです。奥歯ではあまり気にならないかもしれませんが、前歯の場合は変色でかなり目立ってしまうことになります。

 

神経を取ったからもう大丈夫ではなく、歯にむし歯がないか歯科医院で定期的にみてもらうようにしましょう。

ページを見る

1234...10...

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • メール相談
  • オンライン予約

電話での問い合わせ

電話029-875-4114

医院の住所

〒305-0034 茨城県つくば市小野崎字千駄苅278-1 LALAガーデンつくば1F

診療時間
10:00~19:00
(受付は18:00まで)

※休診日:月曜日

問い合わせ

診療時間
10:00~19:00
(受付は18:00まで)

※休診日:月曜日

大規模駐車場・0120-70-8846

〒305-0034
茨城県つくば市小野崎字千駄苅278-1LALAガーデンつくば1F

Copyright© Dental Office Gori All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る